fc2ブログ

2024-05

ご訪問ありがとうございます

こちらは聖闘士星矢をメインに同人的にあれこれする個人の趣味ブログです。
原作にはない設定や同性間の恋愛描写を含みます。
公式・版権元とは一切関係ございません。
くれぐれもご理解のある方のみ、閲覧をお願いいたします。
全ての画像と文章の加工・転載はご遠慮ください。

現在過去絵整理中の為、新作旧作とりまぜてUPしています。


















リンクについて

検索よけをされた上で二次創作を扱うサイト様のみ、リンクフリーです。テキストリンクでも構いませんし、もしバナーがお入り用でしたら下のバナーをお持ち帰りください。
kvasirs.jpg
サイト名:Kvasirs Blod
管理人:真朱(まそほ)
HPアドレス:http://rapsodieasgard.blog100.fc2.com/

サイト傾向:オンライン上で聖闘士星矢アスガルド編をメインに、気の向くままゆっくりめに描いています。ごくまれにテキスト更新も。

最愛キャラクターはアスガルド編のミーメとバドで、取り扱いメインCPはバドミーメになります(ネタ範疇になると左右曖昧)。ジークヒルダやハーゲンフレアはデフォルトで。CP要素のない更新も多いですが、好きな組み合わせだなと思ったら同性同士異性同士問わず見たり描いたりします。苦手な方は無理せず引き返してそっとしておいてください。最近Ω楽しく見ています。


120910quare-white_gray.gif




スポンサーサイト



余韻

130821meeme.jpg

ラフ






*****
拍手レス

拍手くださった方、ありがとうございます。

赤い靴

130809mime.jpg

公式ストーリー中、廃墟で瞬を待ちうけてた時のミーメ

ミーメが小さな子供の頃、養父のフォルケルに向かって、自分は拳をふるうのにはむいていない、僕は父さんとは違うしそれはやりたくないと、はっきり主張していました。紆余曲折を経て、結局は戦士として死んでいった彼は、脱げない赤い靴を履かされた踊り子みたい。好きな音楽を捨てることはしなかったけれど、それは自分のアイデンティティに反して人を傷つけ殺す手段になっていった。

瞬が推測したように、生まれつき争いや負の連鎖を嫌う性質だったのかなと素直に考えるだけでは飽き足らず。フォルケルが戦いに赴けば必ず帰ってくる保証はなく、国内においても英雄として称賛される父をよく思う人間ばかりがいるとは限らず、常に父親を何かの形で失うことをいつも意識していた子供時代だったとしたら。父に認めて欲しいけれど、もし、重圧である父が突然いなくなったら…と、愛憎の狭間で、争いごと以上に自らの心の影に不安を覚えていたかも。

バトル漫画で戦いたくないと言ってたら話が進まないんですけども(´ω`)戦って勝ち取らなければいけない未来があるから戦う必要があるのだけれど、瞬やミーメのように一体いつまで闘いは続くのかと、ちょっと立ち止まって懐疑的になりがちなタイプのキャラクター同士が対峙したのは面白い、そんな考察。

長文最後までお読みいただいた方がおられましたら、ありがとうございます。



*****
拍手レス

拍手くださった方、どうもありがとうございます。

アホ毛と雷とシャカ


130727sh.jpg

アホ毛が避雷針がわりになって雷直撃したけど、己の周りに鉄壁の防御陣を布いた彼は微動だにしなかった


サーバント×サービスが元ネタといえば元ネタです。

ヒルダ

130726hi.jpg

見た目にシャープでワルキューレ姿がかっこよく、感情の起伏がはっきりしてオーバーアクションな黒ヒルダ様に対して、善のヒルダ様描くのは難しいですが…喜怒哀楽がわかりづらいタイプ=人間的でない、とはあまり思えず、自分にとっては想像力を刺激され、ロマンティックな空想をめぐらせることも多いです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

真朱(マソホ)

Author:真朱(マソホ)
おたく
アニメオリジナル北欧アスガルド編メイン、リアルタイム放映・連載されていた星矢全般を応援。最愛キャラは神闘士ミーメとバド 
同人・女性向け発言があります。ご注意ください。
画像・文章の無断転載禁止です。

ツイッター同人アカウント



pixiv
(版権とオリジナル混在中)



Please do not use any images ( my artworks and photos on my site) on your site without permission.

プロフ画像お借りしました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する